6月3日「講演会」「技術・ビジネス合同委員会」開催報告

<報道機関各位>
 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 さる6月3日(金)電気自動車普及協会 (APEV)は、「講演会」及び、「技術・ビジネス合同委員会」を開催いたしました。
 当日の内容について、下記の通りご報告させていただきます。

       「記」

■日時:6月3日(金)14:15~17:10
■場所:東京大学 福武ホール
■プログラム:
1)講演会  
◎電気自動車普及協会(APEV)あいさつ  APEV会長 横川浩

◎「EV・PHVに関する政府の取組」  
 講演者:経済産業省 製造産業局 自動車課  磯部賢太郎様
 EV・PHVの国内外での普及状況や将来予測について紹介があったあと、政府目標を達成するための施策について、有識者などから構成された「EV・PHVロードマップ検討会」によって議論された内容などの紹介 。

◎「フィリピンに於けるEVの現状とASEANを含めた今後のEVシーン」
 講演者:エコス財団(フィリピン)事務局長 田島修一様 
 先進国以上にエネルギー消費や大気汚染等の環境負荷の面で問題が深刻化している新興国において、トライシクルと呼ばれる三輪自動車のEV化への動きなどを、長年在住されているフィリピンの事例を中心に紹介。

◎「国際学生EVデザインコンテストの現状と未来」
 講演者:APEV理事 山下敏男
 昨年の第2回コンテストの振り返りと、次回2017年に予定している第3回のコンテストの計画について、及び韓国済州島で3月に開催された国際EVエキスポ(IEVE)でおこなわれたデザインコンテストの紹介。
 
2)技術・ビジネス合同委員会 
テーマ1:「e-トラックの実証運行について」 
 講演者:日本郵便輸送株式会社 業務部長 井田康夫様 
 中型4トントラックを世界で初めてEV化して、近距離の郵便輸送に使用した経過の説明。
 
テーマ2:「Liイオン電池の量産化と各種EVの製作」
 講演者:東北大学未来科学技術共同研究センター 長谷川史彦教授
 設備投資の少ないLi電池の製造方法と軽自動車への搭載、及び超小型モビリティの開発などの紹介。
 
テーマ3:「地域型EV運用ビジネスモデルの可能性」 (石巻の取組)
 講演者:日本カーシェアリング協会 代表理事 吉澤武彦様
 東日本大震災を契機に自主的に開始された地域のカーシェアリングの事例紹介。また、EVを活用したコミュニティ作りに関する取り組みの紹介。

■写真入りの報告書はこちら

■当日の講演会及び合同委員会資料(抜粋版)は、APEV会員専用SNSでご覧いただけます。

★お問い合わせ
一般社団法人 電気自動車普及協会 (APEV) 
事務局 唐鎌(からかま)安嶋 (やすじま)
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール
   TEL:050-3736-8325     FAX:050-3153-2686
   E-mail :info@apev.jp    Website : http://www.apev.jp

このブログ記事について

このページは、WebMasterが2016年6月15日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TEAM APEV with MONSTER SPORT 2016 パイクスピーク・インターナショナル・ヒ ルクライム100周年記念大会に挑戦」です。

次のブログ記事は「【ご報告】長春自動車工業高等専科学校日本研修団様来訪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。