Eモビリティ首都会議2016:ベルリンのインテリジェントモビリティ-デジタル. スマート.エレクトリック-レポート

皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

APEVドイツ ベルリンデスクからのレポートをお届けいたします。

■本文抜粋

1.イベント概要
イベント名:"Hauptstadtkonferenz Elektromobilität2016-Intelligente 
Mobilität für Berlin -digital.smart.elektrish"
日時:2016年3月16日(水)9:30-17:30
場所:ドイツベルリン市庁舎
主催:Berliner Agentur für Elektromobilitäte MO 

2.内容概要

 Eモビリティ首都会議2016 が、昨年に引き続きドイツの首都ベルリンで開催された。今年で第4 回目の開催となる本会議の参加者は500人超、会場となった市庁舎大ホールは熱気に包まれていた。
 内容に関しては、昨年に比べ、ベルリンおよび近隣のブランデンブルグ州では、確実にEモビリティが浸透している印象を受けた。しかし、前年設定した目標に届いていない項目もあり、普及のスピードを上げていくことの重要性が強調されていた。また、ベルリンおよびブランデンブルグ州は、国が指定したEモビリティ向上重点4地域のうちの一つであるため、2013 年から8,300万ユーロ(約104 億円)をかけてドイツ政府および本自治体が主導となりショーケースプロジェクトを行って来た。それらの結果が出てきていることに伴い、今回の会議ではベルリンでEモビリティ社会を実現させ、環境対応車を定着化させることの可能性、およびそれらの有効性など、今までより一歩進んだ段階の議論が行われた。また、自家用車以外のEモビリティや自動運転に関するプレゼンテーションがなされるなど、次世代のモビリティに関して幅広い意見が取り交わされた。

■ 写真入りのフルレポートはこちら

このブログ記事について

このページは、WebMasterが2016年4月 5日 10:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日野自動車株式会社 様にご参加いただくことになりました」です。

次のブログ記事は「超小型モビリティシンポジウム参加報告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。