2018年10月アーカイブ

関係各位

平素大変お世話になっております。電気自動車普及協会事務局です。

APEVのベルリンデスクから、新しい取材レポートが届きましたので、会員の皆様
限定で公開いたします。

今回は9月にドイツで開催された第67回 ハノーバーモーターショー(商用車)
のレポートです。

「抜粋」
 世界最大の商用車のモーターショーが9月下旬、ドイツ・ハノーバーで8日間
にわたり開かれた。本モーターショーは世界最大の乗用車・二輪車の国際モータ
ーショーである「フランクフルトモーターショー」が開催されない隔年に開催さ
れている。今回のスローガンは"Driving tomorrow"。電気自動車や自動運転、デ
ジタル化を全面に押し出した展示が多く目についた。

(中略)

今回のモーターショーでは、ほぼ全ての自動車メーカーが電気商用車を展示して
いたことに驚いた。自動車部品メーカーも、電気自動車関連の部品を多く展示し
ていた。全ての商用車に対する電気商用車の展示スペースは年々拡大する傾向に
あるようだが、今回は特にディーゼル規制を追い風とし、従来の車両から電気自
動車へと業界全体がシフトしつつある印象を受けた・・・。

★写真入りの詳細レポート(12ページ)は会員専用SNSをご覧下さい。

◎ご入会につきましては下記をご覧下さい。
http://www.apev.jp/entry/

-------------------------------------------
一般社団法人 電気自動車普及協会 事務局 
〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1 
 東京大学 情報学環 ・福武ホール
 TEL:050-3736-8325 Email:info@apev.jp
 Visit our website: http://www.apev.jp/
-------------------------------------------
関係各位

皆様には平素より大変お世話になっております。

 一般社団法人 電気自動車普及協会は、2013年より「国際学生EVデザインコン
テスト」を東京モータショーに合わせて開催しており、2019年には第4回を開催
する予定です。
今回はそのプレイベントとして「EVデザインコンテスト カーデザイン ワークシ
ョップ」を下記の通り開催しましたのでご報告します。

             「記」
◎タイトル:EVデザインコンテスト カーデザイン ワークショップ

◎日時:2018年9月21日(金)10時~17時(懇親会は17時45分まで)

◎場所:The Gallery Too(株式会社トゥールズインターナショナル本社3F)
     東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル3F

◎講師:山下 敏男(INTERROBANG DESIGN 株式会社 代表、APEV理事)
        喜屋武 タケル( NORI, inc.取締役、カーデザインアカデミー校長)

◎主催と事務局:一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)

◎ご協力:カーデザインアカデミー / (株)トゥールズインターナショナル/(株)
ベネッセホールディングス

◎参加者:EVデザインコンテスト2019に参加を検討または予定している学生
          首都大東京、千葉工業大学の計7名

◎内容:
*午前の部
・「国際学生EVデザインコンテスト2019」予告:コンテスト事務局
・デザインスケッチのレクチャー(目的/考え方):山下講師
・スケッチの描き方山下講師実演→参加者実習→個別指導:山下講師、喜屋武講師

*午後の部
・カーデザインアカデミー学生の作品紹介:喜屋武講師
・マーカーによるスケッチの描き方山下講師実演
・EVのデザインを提案するスケッチ制作:参加者→講師の個別アドバイス
・上記に対する全体講評:山下講師、喜屋武講師
・まとめと懇親会

◎報道:交通毎日新聞9月27日号およびResponse<https://response.jp/article/2018/09/22/314256.html>

に掲載されました。

◎写真付きの報告書はこちら

◎コンテスト2019のスケジュール
2018年10月26日(金):協賛募集説明会
2018年12月20日(水)1次協賛応募締切
2019年1月中旬:記者発表会(募集要項・1次協賛発表、エントリー開始)
2019年4月30日:エントリー締切
2019年5月31日:1次作品提出締切
2019年6月12日:1次審査結果発表
2019年6月下旬:ワークショップ1
2019年8月14日:2次作品提出締切
2019年8月31日:2次審査結果発表
2019年9月中旬:ワークショップ2
2019年10月末~11月初:最終審査と表彰式@東京
(予定は予告なく変更される場合があります)

◎コンテスト専用HP
http://www.apev.jp/contest/

◎お問い合わせ
一般社団法人 電気自動車普及協会 (APEV) 内
EVデザインコンテスト 事務局長 安嶋 (やすじま)
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール
 TEL:050-3736-8325 FAX:050-3153-2686
 E-mail :contest@apev.jp
関係各位

平素は当協会の活動にご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 
 一般社団法人 電気自動車普及協会では2013年から東京モーターショーの開催
に合わせ「国際学生EVデザインコンテスト」を実施して参りました。
2017年から対象を『EV全般』へと変更し、次世代を担う若者からデザインが持つ
創造力企画力により、モビリティ社会の将来のあり方や環境への新しい取り組み
を世界に向けて発信していただきたいと考えております。
来年は東京モーターショーの年になりますので、第4回を開催するにあたり協賛
募集説明会を下記のように行いたく、皆様のご参加をお願い申し上げます。
              「記」
・日時:2018年10月26日(金)13時30分~14時30分(受付13時15分)
・場所:東京都文京区本郷 東京大学 本郷キャンパス(詳細は参加申込の方に
お知らせします)
・主催:一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)
・内容:
 コンテスト説明:山下 敏男 コンテスト実行委員長(APEV理事)
 協賛募集説明:コンテスト実行委員会事務局
 質疑応答:全員

・配布物
 APEV紹介パンフレット
 作品集2017(16ページA4冊子)
 当日説明資料

★お申込み方法
ご参加希望の方は、10月23日(火)17時までに下記内容をメールで<event@apev.jp>宛お送りください。
==================
・タイトル:コンテスト説明会参加
・会員区分 :正会員、賛助会員、特別会員、非会員のいずれか
・会社・団体名 :
・ご出席代表者役職:
・ご出席代表者氏名 : 様
・同上(フリガナ): サマ
・同上Email :
・同上電話番号:
・参加者人数(合計): 人
==================

・今後の日程:
 10月23日(火):説明会参加申込締切り
 12月20日(水):1次協賛応募締切り(ここまでの申込を記者発表会で発表します)
 2019年1月下旬:記者発表会@東京(募集要項・1次協賛発表、エントリー開始)
・過去のご協賛企業様
 ・第1回(2013年):(株)ストラタシス・ジャパン、ダッソー・システムズ
(株)、(株)ベネッセホールディングス、(株)ワコム、デル(株)、日産自
動車(株)、日本ヒューレット・パッカード(株)、レノボ・ジャパン(株)、
(株)アスプロス

 ・第2回(2015年):日産自動車(株)、(株)ベネッセホールディングス、
丸紅情報システムズ(株)、NTN(株)、ダッソー・システムズ(株)、トヨタ
自動車(株)、(株)フォーラムエンジニアリング、(株)本田技術研究所、ル
ネサス エレクトロニクス(株)

 ・第3回(2017年):IHI運搬機械(株)、NTN(株)、日産自動車(株)、
(株)ベネッセホールディングス、(株)本田技術研究所、ヤマハ発動機(株)、
ルネサス エレクトロニクス(株)、Nori,inc.カーデザインアカデミー、 (株)
トゥールズインターナショナル、ボッシュ(株)、 丸紅情報システムズ(株)、
三菱ケミカル(株)

・コンテスト2017特設HP
 和文 <http://www.apev.jp/contest/>
 英文 <http://www.apev.jp/contest/en/>
                  
★お問合せ
--------------------------------------------- 
一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)内
デザインコンテスト実行委員会事務局 安嶋 (やすじま)
〒113-0033 文京区本郷7-3-1
東京大学 情報学環・福武ホール
TEL:050-3736-8325 FAX:050-3153-2686
 E-mail: yasujima@apev.jp 
 Visit our website: http://www.apev.jp/
--------------------------------------------- 

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。