2018年12月アーカイブ

平素は大変お世話になっております。
 一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)は、株式会社タジマEV様開催の
『東京大学 堀・藤本研究室とタジマEVによる共同研究の成果報告会』の後援を
しており、12月14日に行われましたので以下に報告致します。

             「記」 

 当日は福武ホールの定員を超える参加者があり、予備の椅子を追加するほどの
盛況でした。
冒頭に弊会名誉会長 福武 總一郎のメッセージを理事・事務局長の椎木 衛が読
み上げました。

◎福武名誉会長メッセージ
 この度、東京大学 堀・藤本研究室とタジマEVの共同研究が成功し、成果発表
会が開催されるとのこと、大変嬉しく思いますとともに開発にあたられた技術者
の方々のご努力に対して、心より敬意を表します。
電気自動車普及協会の前身である協議会を興してから8年の歳月が流れました。
その間、電気自動車の認知は世界中で急速に進み、いよいよ実際に普及させてい
くという次のステップに入って来ています。

そのタイミングで東京大学と、日本を代表するデザイナーのKEN  OKUYAMAさん、
この度コロラドスプリングスで日本人初の殿堂入りをされました、ヒルクライム
世界チャンピオンの田嶋伸博さんがコラボして開発したEVが、本日世界に向かっ
て発表されることは、大変素晴らしいです。
私の思い描く未来に、着実に近づいていると確信しています。 

この美しい地球を将来の子供たちに残すために、ぜひ、皆様が手を取りあい、互
いに協力し合って、地球環境の保全と、持続可能な社会を実現していただきたい
と思います。
本日は誠におめでとうございます。

◎APEV紹介とデザインコンテスト説明
 椎木より下記のスライドで説明を行いました。
http://www.apev.jp/news/20181221.pdf

 皆様のご協力・ご支援をお願い申し上げます。

■タジマEV社のリリース+++++++++++++++++++

 タジマEVでは、東京大学 福武ホールにおいて『東京大学 堀・藤本研究室と
 タジマEVによる共同研究の成果報告会』を実施しました。

タジマEVと東京大学 堀・藤本研究室では、EV車両運動制御に関わる共同研究に
ついて、「ハイパーEV開発車」を用いて様々な研究開発および実験を繰り返し行
ってまいりましたが、この度一定の成果を得るに至りましたので、成果報告会な
らびにその技術を活用する新開発車両の発表を行いました。

弊社代表、田嶋伸博の概要説明に続き、東京大学 堀・藤本研究室 布施氏から
実験成果についての報告、車両スタイリングを担当するKEN OKUYAMA DESIGN代表
の奥山清行氏からコンセプトスケッチが発表された他、各企業および官公庁(国
土交通省、経済産業省、環境省、いわき市)から電気自動車および環境問題への
取り組みが発表されました。

【本会で発表した新開発車両】

【1】6輪ハイパーEV MONSTER  E-RUNNER  Kode6
 概要:世界最高の性能とスタイリングを持ったハイパースポーツカー

【2】グリーン スロー モビリティ E-RUNNER GSM1
 概要:観光地や施設内の人員輸送を目的とした低速車両
      (今後は自動運転化、ドライバーレス化も目指す)

【3】超小型モビリティ(乗用) E-RUNNER ULP1
 概要:2名の近距離移動に最適化させた国内向けと海外向け仕様も展開

【4】原付4輪(デリバリー) E-RUNNER MD1
 概要:小型で利便性の高い、デリバリー用の原付4輪バン

【5】原付4輪(ライフケアビークル 電動車いす搭載) E-RUNNER MLC1
 概要:電動車いすで運転が可能な利便性の高い原付四輪

【発表登壇者(敬称略)】

【1】一般社団法人 電気自動車普及協会 名誉会長 福武 總一郎
   メッセージ
  (代読:一般社団法人 電気自動車普及協会 理事・事務局長 椎木 衛)

【2】株式会社タジマEV 代表取締役会長兼社長/CEO 田嶋 伸博
   新EV事業化計画概要

【3】東京大学 堀・藤本研究室 修士2年 布施 空由
   堀・藤本研究室 ✕ タジマEV共同研究発表
   独立駆動制御の研究成果発表

【4】株式会社タジマEV 執行役員 次世代パワートレイン事業部長 石井 眞二
   Monster Motor System 開発概要

【5】KEN  OKUYAMA  DESIGN 代表 奥山 清行
   新EV コンセプト概要

【6】フォーアールエナジー株式会社 代表取締役社長 牧野 英治
   フォーアールエナジー事業概要
【7】Global Head of Sales of Easy Mile, Eric WICART
   ドライバーレス新サービス事業概要

【8】KDDI株式会社 ビジネスIoT推進本部 ビジネスIoT営業推進部 
   グループリーダー 福田 博文
   EVのIoTサービス概要

【9】株式会社テクノプロ 代表取締役兼専務執行役員 テクノプロデザイン社
   社長 嶋岡 学
   EV社会実現に向けた人材開発

【10】国土交通省 総合政策局環境政策課 課長補佐 三重野 真代
   グリーンスローモビリティ

【11】経済産業省 経済産業政策局 産業創造課 課長補佐 豊福 亘
   第4次産業革の取り組み

【12】環境省 環境再生・資源循環局 次長 森山 誠二
   福島再生・未来志向プロジェクト

【13】福島県いわき市 市長 清水 敏男
   いわき市バッテリーバレーをはじめとする活動紹介

★タジマEV社のリリース(ムービーあり):https://www.tajima-ev.com/news/181214_news/index.html

★タジマEV社お問い合わせ先:project@tajima-ev.com
+++++++++++++++++++++タジマEV社のリリース終わり

■写真入りの報告書はこちらをご覧ください。
http://www.apev.jp/news/181221_1.pdf

※一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。
 お気軽に事務局までお問い合わせください。
 ●トップページ http://www.apev.jp/
 ●入会ご案内ページ http://www.apev.jp/entry/
  □正会員(企業向け):年会費 1口10万円
  □賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円
  □特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料

★問い合わせ
一般社団法人 電気自動車普及協会 (APEV)事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール
   TEL:050-3736-8325     FAX:050-3153-2686
   E-mail :info@apev.jp  Website : http://www.apev.jp/
会員、報道機関 各位

貴下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)では2013年から東京モーターショーの
開催に合わせて「国際学生EVデザインコンテスト」を実施して参りました。

2017年から対象を『EV全般』へと変更し、次世代を担う若者の育成を主目的とし、
デザインの持つ創造力・企画力を遺憾無く発揮する事により、モビリティ社会の
将来のあり方や環境への新しい取り組みを世界に向けて発信して行きたいと考え
ております。

来年は東京モーターショーの年になりますので、第4回を開催するにあたり記者
発表会を下記のように開催します。皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。

            「記」

◎日時 2019年1月25日(金)13時30分~-15時30分(開場13時)

◎場所 東京大学情報学環 福武ホールB2F 福武ラーニングシアター
〒113-0033文京区本郷7-3-1  http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/facilities-inside/theater.html

アクセスマップはこちらをご覧くださいhttp://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

◎参加費:無料
◎次第
・受付開始:13時
・開会:13時30分
・会長挨拶:会長 横川 浩
・コンテスト説明:理事/実行委員長 山下 敏男
・記念パネルディスカッション:過去のコンテストに入賞した
               若手デザイナーの座談会
            ファシリテーター 山下実行委員長
・記念講演:「モテるクルマから持たないクルマ?暮らしたい社会と新しい
         モビリティの役割」
                日野自動車㈱新事業企画部&コーポレート戦略部 
         主査 松山 耕輔 様
・お礼:代表理事 田嶋 伸博
・閉会:15時30分
・記念撮影
(プログラムおよびテーマは予告なく変更する場合がございます)



■お申込方法:
ご参加希望の方は、1月18日(金)17時までに、下記内容を<event@apev.jp>宛てに
メールか、Fax(050-3153-2686)でお送りください。
=======================
・区分:正会員、賛助会員、特別会員、報道機関
・会社・団体名 :
・ご出席代表者役職:
・ご出席代表者氏名 : 様
・同上(フリガナ): サマ
・同上Email :
・同上電話番号:
・参加者人数(合計)
=======================
※当記者発表会は会員及び報道機関限定です。非会員でご参加を希望される場合
は、event@apev.jpへお問い合わせ下さい。APEVが承認した場合、ご参加いただ
けます
※定員に達し次第〆切らせていただく場合があります
※会場定員の都合上、ご参加を下記のようにさせて頂きます
 *正会員1社・1団体あたり 2名さままで。3名さま以上ご参加ご希望の方は
   事務局<event@apev.jp>まで御相談ください
 *賛助会員1名さま
※ご参加にあたり、名刺のご用意をお願いいたします
それでは、当日皆様にお会い出来る事を楽しみにしております。

<以下参考>
★APEVのHP:http://www.apev.jp/
★デザインコンテストの特設ページ:(現在2017版ですが2019版に変更します)
 
・和文:http://www.apev.jp/contest/
・英文:http://www.apev.jp/contest/en/

★ご報告「国際学生EVデザインコンテスト2019」協賛募集説明会:2019年の計画
  概要が書かれています
  http://www.apev.jp/news/2018/11/ev2019.html

■お問い合わせ先:
APEV&コンテスト事務局 安嶋(やすじま)
E-mail:info@apev.jp
TEL:050-3736-8325、FAX:050-3153-2686

APEV 年末年始休業のお知らせ

関係各位

いつもお世話になっております。APEV事務局です。

当協会では下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。

  12月28日(金)~1月6日(日)

この間のお問い合わせご連絡につきましては、
info@apev.jpへメールにてご連絡くださいますようお願いいたします。
新年は、1月7日(月)より平常営業いたします。
休業中のお問い合わせは、1月7日以降に折り返し
ご連絡をさせていただきます。

来る年も、益々の電気自動車の普及を目指して、
皆様とともに活動して参りたいと存じますので
ご支援、ご指導をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

◆お問い合わせ先
一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)
事務局 電話:050-3736-8325、FAX:050-3153-2686
E-mail:info@apev.jp

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年11月です。

次のアーカイブは2019年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。