ハノーファーメッセ(国際産業技術見本市)2019 レポート

会員、報道機関 各位

皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

APEVベルリンデスクから新しい取材レポートが届きましたので、会員の皆様限定で公開いたします。

今回の題は「ハノーファーメッセ(国際産業技術見本市)2019 レポート」です。

【概要】:今年も世界最大規模の国際産業技術見本市「ハノーファーメッセ2019」
が開催された。今回のキーワードは「Integrated Industry - Industrial 
Intelligence:AI を使った人と機械との間にあるデジタルなコネクション」。
「インダストリー4.0(第四次産業革命)」から対象分野を広げ、AI と機械学習にもフォーカスをあてる、という趣旨である。参加国は75を超え、6500以上の企業・団体が27の展示ホールを含む総面積約100万平方メートル(東京ドーム21個分)の会場に出展した。「日独経済フォーラム」およびフォーラム前に実施された「製造における人工知能」をテーマとした特別会場視察ツアーに参加した際の様子を報告します。

【目次】
1. メッセパートナー国:スウェーデン 

2.環境対応車関連の展示

3.特別視察ツアー:製造における人工知能 

4.第13回日独経済フォーラム

5.所見

★写真入りの詳細レポート(12ページ)は会員専用SNSをご覧下さい。

※一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。
 お気軽に事務局までお問い合わせください。
 ●トップページ http://www.apev.jp/
 ●入会ご案内ページ http://www.apev.jp/entry/
  □正会員(企業向け):年会費 1口10万円
  □賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円
  □特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料

★お問い合わせ先
 一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)事務局 
 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール
   TEL:050-3375-4937  FAX:050-3153-2686
   E-mail:info@apev.jp   Website:http://www.apev.jp

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、WebMasterが2019年4月22日 12:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地域eモビリティ推進委員会第9回登壇者が確定いたしました 2(4月22日開催予定)」です。

次のブログ記事は「APEVは「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展します」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。