フランクフルトモーターショー2019 現地レポート

会員、報道機関 各位

皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

APEVベルリンデスクから新しい取材レポートが届きましたので、会員の皆様限定公開いたします。


今回の題は「フランクフルトモーターショー2019 現地レポート」です。

【前文より】
APEVドイツデスクとしては、今年で5回目となるフランクフルトモーターショーの取材だが、折しも、自動車産業に対する風当たりが強い時期である。ショー開催中、会場周辺にて、気候変動対策を訴えるデモが行われ、一時は入口がふさがれる事態になり、また取材当日にも同様の大規模なデモが行われ、フランクフルトでも交通機関が乱れるなど影響が出ていた。
今回のモーターショーは、この時代の流れを受け、環境対応車(ドイツメーカーにおいては電気自動車)が展示のほとんどを占め、今後自動車産業ではそれらが主流となることが予想されるものであった。

その分、全体的に展示車種は減少しており、参加展示社数および展示規模に関しても、これまでの取材において最も小さいものとなっていた。日本の自動車メーカーからはホンダ一社のみの参加、フランスのPSAやイタリアのFCAグループは不参加という少々寂しい状況である。以前のモーターショーでは12あるホールが全て使用され、平日でも人の多さに身動きがとれないくらいの盛況ぶりだったが、今回は訪問者が少なかったおかげで、リラックスした雰囲気の中、余裕をもってホールを回ることができた。そんなこれまでとは少し異なる雰囲気のモーターショーの様子をお伝えする。

★写真入りの詳細レポート(15ページ)は会員専用SNSをご覧下さい。


※一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。
 お気軽に事務局までお問い合わせください。
 ●トップページ http://www.apev.jp/
 ●入会ご案内ページ http://www.apev.jp/entry/
  □正会員(企業向け):年会費 1口10万円
  □賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円
  □特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料

★お問い合わせ先
 一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)事務局 
 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール
 TEL:050-3375-4937  FAX:050-3153-2686
 E-mail:info@apev.jp Website:http://www.apev.jp

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、WebMasterが2019年10月 2日 13:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「開催報告「国際学生EVデザインコンテスト2019」ワークショップ2」です。

次のブログ記事は「【詳細決定!】EVデザインコンテスト2019最終審査・表彰式及びAPEVシンポジウム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。