APEV技術委員会ウェビナー 第6回 開催報告

関係各位

皆様には平素より弊会の活動にご協力賜り心よりお礼申し上げます。

弊会の技術委員会は2021年度からWebにより会員の皆様に情報提供を行う事とい
たしました。
2022年度もその第6回として下記の講演をウェビナーで行いましたのでご報告い
たします。

写真付きの報告書はこちらをご覧ください

■開催日時: 2022年7月29日(金)13時30分~15時20分
■開催場所:マイクロソフトTeamsによるウェビナー
■プログラム:
13:30~5分間  開始宣言/佐藤 員暢 理事挨拶
13:35~40分間 「カーボンニュートラルに向けた世界の自動車産業の戦略と
         課題~ 電動パワートレインとCN燃料 ~ 」
        (株)SOKEN エグゼクティブフェロー 古野 志健男 氏
14:15~5分間  上記に対するQ&A
14:20~5分間  休憩
14:25~40分間 「超小型BEV C+podについて」
        トヨタZEVファクトリー 主幹 川坂 亘史 氏
15:05~5分間  上記に対するQ&A
15:10~ 3分間 田嶋 伸博 代表理事挨拶
15:17~ 3分間  閉会宣言/集合写真

■ご出席者 【企業・団体】アイウエオ順
愛三工業㈱、アスクル㈱、㈱エクセディ、エコス環境財団、岡山科学技術専門学
校、キムラユニティー㈱、コアテック㈱、小牧市産業クラスター推進協会、コン
チネンタル・オートモーティブ㈱、上海チ達科技発展有限会社、新明工業㈱、全
日空モーターサービス㈱、㈱ダイヘン、中日電熱㈱、㈱デジタルツインズ、名古
屋市、日産自動車㈱、日本バーズ㈱、日本パナトロニック㈱、日野自動車㈱、マ
ルヤス工業㈱、モーターマガジン社、ヤマハ発動機㈱

■内容:
◎ご挨拶:技術委員会担当 佐藤 員暢 理事
本日は、ご多用中第6回技術委員会ウェビナーにご参加下さりありがとうござい
ます。
会員の皆様には、APEVの活動に多大なご支援を賜り感謝申し上げます。
昨今大変厳しいCOVID-19の下でAPEVは事業を止める事なく、地域eモビリティ
推進委委員会及び国際学生"社会的EV"デザインコンテスト2022と並んで
技術委員会を開催しております。
本日は(株)SOKEN エグゼクティブフェロー 古野 志健男様及びトヨタZEV
ファクトリー の川坂 亘史様から、貴重なお話を伺います。
最後までご視聴頂きますようにお願い申し上げます。

◎講演1「カーボンニュートラルに向けた世界の自動車産業の戦略と課題~ 電動
パワートレインとCN燃料 ~ 」
(株)SOKEN エグゼクティブフェロー 古野 志健男 様から下記内容をスライド
で説明があり、その後質疑応答がありました。
この講演ビデオと発表資料はAPEV会員専用SNSで公開します。

<目次>
1.自動車産業の潮流と戦略:Fit for 55法案でOEM各社BEV投入計画を加速:日
米欧主要OEM各社の戦略を個別に解説
世界の電動車(PHEV、BEV)シェアの推移

2.世界の自動車産業の課題:全世界で桁違いの電池生産量は造れるか? BEVは
  LCAでホントに嬉しいか?
  BEVやバッテリーに多大な投資資も、世界のOEMの本音は?
(ア)Liイオン電池価格の推移:2022年は上昇へ。
(イ)電池生産計画の爆発とレアメタルの供給不足
(ウ)LCA視点のCO2排出量比較(Volvo試算)
(エ)パワートレイン戦略の変化点

3.エネルギー変革とCN燃料:エネルギー需要が増す中、再エネ電力は賄えるの
  か?カーボンニュートラルに向けたCN燃料の必要性と課題は?それに対して
  世界での最新動向は?
(ア)世界の再生エネルギー政策
(イ)日本第6次エネルギー基本計画案(~30年)
(ウ)経産省が考えるカーボンニュートラル実現への技術
(エ)液体CN燃料の必要性 (嬉しさ)
(オ)質量エネルギー密度の⽐較(電池の課題)
(カ)カーボンニュートラル燃料の種類と普及への課題
(キ)日本でのe-fuel価格のケーススタディ
(ク)米国DoEの水素エネルギー戦略
(ケ)e-fuelプロジェクトの最新動向:マックス・プランク研究所の見解と欧州の
  供給シナリオ
(コ)バイオ燃料の最新動向
(サ)日本のCN燃料研究動向

4.持続可能なパワートレインとは?:BEVはホントに持続可能なモビリティか?
  LCA-CO2排出量でパワートレインを比較。持続可能なパワートレインは?
(ア)MAHLE:LCAでのパワトレ毎のCO2排出量試算
(イ)CNに向けた持続可能なモビリティ社会の実現
(ウ)CNに向けたパワートレインとエネルギーシナリオ:BEV/e-fuel/DHE=
Dedicated Hybrid Engine組み合わせ(42nd International Vienna Motor 
Symposium April 2021)

◎講演2「超小型BEV C+podについて」
 トヨタZEVファクトリー 主幹 川坂 亘史 様からスライドで下記の説明が
あり、その後質疑応答がありました。
 この発表資料は申し訳ありませんが非公開です。

1)超小型モビリティについ
・皆様と作っていきたいBEVの世界
・トヨタにおけるゼロエミッションビークルのマップ
・超小型モビリティのコンセプト:生涯を通じて移動をサポートする
・歩行領域BEV

2)C+pod車両概要
・C+podのビデオ「C⁺pod Style~C⁺podのある生活~」 
・型式指定車:軽自動車と第1種原動機付自転車(ミニカー)の中間
-パッケージ・装備:充実した安全装備=プリクラッシュセーフティー・パーキ
ングサポートブレーキ・SRSエアバッグ・VSC・TRC・EBD付ABS
-内外装:衝突安全専用シャシーフレーム+パイプフレームアッパーボディー+
樹脂外板(着せ替え可能)
-充電システム:プリウスPHVシステム使用、床下搭載Lib 9.06kWh、外部100V
給電1.5kw付
-生産:元町工場に専用ライン、多能工による40台/日

3)販売方法とお客様の声
・リース専用車Gグレード171万円、補助金(国35万円+シェアリング45万円、そ
  の他地方自治体)
・自治体と法人の活用:普及促進ネットワーク、フードデリバリーサービス
・法人80%/個人20%
*最後にトヨタZEVファクトリー寺澤 裕子 様から、「C+podについてご興味
  のある方はAPEV事務局経由でトヨタZEVファクトリーに連絡をお願いしたい」
との案内がありました。

◎代表理事 田嶋 伸博 挨拶
本日ご参加の皆様及び古野様・川坂様にお礼を申し上げます。
古野様の「カーボンニュートラルに向けた世界の自動車産業の戦略と課題~ 電
動パワートレインとCN燃料 ~ 」は、EV以外のCNの方策について説明されまし
た。
川坂様のC+podはトヨタ様がパイプフレームで車体を作られている事に驚きまし
た。
今後試乗会などのご要望があればトヨタ様にお願いしますので、APEV事務局に
お申し付け下さい。
技術委員会は今年度ウェビナーを4回(今回・7月・11月・2023年2月)計画して
います。
11月以降は検討中ですので、自薦他薦をお待ちしています。

※一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。
●トップページ  https://www.apev.jp/  
●入会ご案内ページ https://www.apev.jp/entry/
●正会員(企業向け):年会費 1口10万円
 賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円
 特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料

※お問い合わせ:一般社団法人 電気自動車普及協会 (APEV) 技術委員会 事務局
〒153-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール
TEL:050-3375-4937  FAX:050-3153-2686 E-mail:info@apev.jp Website:

このブログ記事について

このページは、WebMasterが2022年8月 4日 09:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「申込受付開始:7月29日APEV技術委員会ウェビナー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。