2023年アーカイブ

2023 FORMULA E Berlin ePRIX レポート

会員、報道機関 各位

皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

APEVベルリンデスクから新しい取材レポートが届きましたので、
会員限定で公開いたします。

今回の題は
「2023 FORMULA E Berlin ePRIX レポート」です。

・概要

9回目を迎えた"Formula E"が、今年もベルリン・旧テンペルホーフ空港に
戻ってきた。
世界初の完全電気自動車によるレースシリーズとして始まったFormula Eだが、
世界の他のどの都市よりも、開催回数が多いベルリンでは、今季ダブルヘッダー
となった。
レース人気は相変わらず高く、両日ともチケットは完売。
注目を集めすぎたのか、過激気候変動活動家6名がレース開始直前に乱入する
というハプニングもあった。
本稿では、5年ぶりにサーキットを訪れた筆者が、大会二日目のラウンド8の
様子をお伝えする。
★詳細レポート(10ページ)は下記よりご覧ください。 https://onl.la/YpQKkje ※一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。  お気軽に事務局までお問い合わせください。  ●トップページ https://www.apev.jp/  ●入会ご案内ページ https://www.apev.jp/entry/   □正会員(企業向け):年会費 1口10万円   □賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円   □特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料 ★お問い合わせ先  一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)事務局  〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール  TEL:050-3375-4937  FAX:050-3153-2686  E-mail:info@apev.jp Website:https://www.apev.jp

ドイツの電動アシスト自転車のトレンド

会員、報道機関 各位

皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

APEVベルリンデスクから新しい取材レポートが届きましたので、
会員限定で公開いたします。

今回の題は
「ドイツの電動アシスト自転車のトレンド」です。

・概要

ドイツではコロナ禍以降、自転車の販売が非常に好調で、
一時は多くの製品が売り切れや品薄状態になるほどの人気ぶりでした。

さらに、昨今の気候変動対策で、通勤や旅行手段を自転車にする人が
増加傾向にあることも、自転車の売り上げ増に拍車をかけています。

その人気から、当地のメディアでも度々取り上げられている
電動アシスト自転車ですが、本稿では2023年のトレンドを
ご紹介したいと思います。

★詳細レポート(4ページ)は下記よりご覧ください。
https://onl.tw/Yg1XPGw


※一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。
 お気軽に事務局までお問い合わせください。
 ●トップページ https://www.apev.jp/
 ●入会ご案内ページ https://www.apev.jp/entry/
  □正会員(企業向け):年会費 1口10万円
  □賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円
  □特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料

★お問い合わせ先
 一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)事務局
 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール
 TEL:050-3375-4937  FAX:050-3153-2686
 E-mail:info@apev.jp Website:https://www.apev.jp
会員、報道機関 各位

皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

APEVベルリンデスクから新しい取材レポートが届きましたので、
会員限定で公開いたします。

今回の題は
「第4回 ベルリン・ブランデンブルグ 専門家フォーラム」
レポートです。

・概要

成長を続けているベルリン・ブランデンブルク大都市圏では、
都市交通が企業とその従業員に大きな影響を与えている。
持続可能性、利便性、健康、安全性、および快適性は、
現代の従業員が移動するにあたり、ますます重要な事項となっている。
しかし、持続可能なモビリティを実現するためには、
職場だけでなく居住地でも適切なインフラが不可欠となってくるが、
通勤、出張などは、企業のモビリティ管理の範疇に入り、
それらのモビリティを持続可能かつ効率的にすることが重要である。

本フォーラムでは、Berlin Agency for Electromobility eMO と
Verkehrsclub Deutschland e.V. VCD の共同イベントとして、
住宅管理会社および地方自治体が、モビリティ管理を通じて、
従業員だけでなく、一般の人々にも環境に優しいモビリティを提供する方法を提
示した。
本稿ではその要旨をお伝えする。


★詳細レポート(8ページ)は下記よりご覧ください。
https://onl.tw/SWdiQU9

※一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。
 お気軽に事務局までお問い合わせください。
 ●トップページ https://www.apev.jp/
 ●入会ご案内ページ https://www.apev.jp/entry/
  □正会員(企業向け):年会費 1口10万円
  □賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円
  □特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料

★お問い合わせ先
 一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)事務局
 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール
 TEL:050-3375-4937  FAX:050-3153-2686
 E-mail:info@apev.jp Website:https://www.apev.jp

このアーカイブについて

このページには、2023年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2022年です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。