2014年9月アーカイブ

会員、報道機関 各位

皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

電気自動車普及協議会(以下APEV)は、去る9月17日(水)から19日(金)まで
東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれましたEV・PHV普及活用技術展(
EVEX)に「APEVパビリオン」を出展するとともに9月18日(木)には
「APEVシンポジウム」を開催致しました。
以下に概要をご報告申し上げます。

               -記-

1.「APEVパビリオン」

会員(下記)の皆様の製品とサービスの紹介及びAPEVの紹介を
パビリオン形式で展示しました。
EVを軸にして前回よりも増えた展示のシナジー効果により、
多くのご来場やVIPの視察もあり盛況のうちに終了しました。
ご来場いただきました皆様には厚くお礼申し上げます。

更に情報がお入用の方は文末の「お問い合わせ先」へお願いいたします。

★出展会員:(出展写真は詳細レポートの2,3ページを参照ください)
 A)愛媛県産業技術研究所+(株)エム・コット+共立電気計器(株)
 B)興和(株)+(株)シンクトゥギャザー
 C)dSPACE Japan(株)
 D)レスク(株)
 E) 国際電気自動車EXPO(IEVEOC韓国)
 F)APEVの活動紹介

2.「APEVシンポジウム」

日時:2014年9月18日(木曜日)15:00-16:45

参加者:APEV会員様、事務局、シンポジウム事前申込者様、来場者様 合計200
人以上

内容:
 1)挨拶:田嶋伸博 APEV代表幹事

 2)ゲスト:Jae Chan Park 国際電気自動車EXPO (IEVEOC) 事務總長 

 3)パネルディスカッション:「EVを普及させるために何をなすべきか?」

   概要:日本は量産EVが発売された2009年以降普及が足踏み状態になっている。
      一方、昨年海外で発売された量産EVは好調に推移している。 
      その違いはどこのあるのか?APEVの活動や韓国の事例を紹介し、
      EV普及取組について議論する。 
 
   ・モデレーター:鈴木 高宏 東北大学未来科学技術共同研究センター 
            副センター長・教授
   ・パネラー:有馬 仁志  dSPACE Japan?  代取締役社長
             井原 慶子 レーシングドライバー
             佐藤 員暢  愛媛県産業技術研究所EV開発センター長

★写真付の詳細レポートはこちら・・・(PDFファイル形式867KB)

◎講演資料はこちら:パスワードは会員専用のSNSでお知らせ致します。
 1)田嶋代表幹事:ハワイ「ハレアカラEVキャラバン」参加報告等
      (PDFファイル形式:6,219KB)
 2)JC Park氏:韓国EV事情と国際電気自動車EXPO(PDFファイル形式:3,139KB)
 3)鈴木氏:課題提起と幾つかの取り組み(PDFファイル形式:1,990KB)
 4)有馬氏:APEVとコンソーシアム活動(PDFファイル形式:1,463KB)
 5)佐藤氏:愛媛のEV取組と四国EVラリー(PDFファイル形式:5,241KB)
 6)井原氏:次世代自動車社会の実現(PDFファイル形式:964KB)

                             以上
 --------------------------------------------- 
 電気自動車普及協議会(APEV)
 事務局 安嶋(やすじま)・唐鎌(からかま)
 TEL:050-3736-8325 
 E-mail: info@apev.jp 
 Visit our website: http://www.apev.jp/ 
 ---------------------------------------------

四国EVラリー2014 in かみじま 報告

各位

皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

この度、電気自動車普及協議会(以下APEV)が後援しました
標記イベントが行われましたので、ご報告いたします。

        「記」

催事名称:四国EVラリー2014 in かみじま
開催日:2014年8月30日(土)-8月31日(日)
会場:国立弓削商船高等専門学校
   (愛媛県越智郡上島町弓削下弓削1000)
主催:四国EVラリー実行委員会
共催:四国EVチャレンジ委員会
   上島町
   国立弓削商船高等専門学校
後援:APEV、愛媛県他11団体
協賛:株式会社伊予銀行他18社
協力:国立弓削商船高等専門学校技術振興会
参加者:延べ約900名

【概要】

 電気自動車によるラリーイベントで、愛媛県上島町と
国立弓削商船高等専門学校との共催、APEVの後援にて、
全16台がエントリーし、上島町の弓削島、生名島、佐島を舞台に、
定められた11コースを廻り、その距離や走行内容でポイントを競いました。
今回の大会では、昨年までのラリー競技に加え、ヒルクライムや、
サーキットジムカーナ競技など観戦が楽しめるイベントと、
島四国八十八ヶ所巡りや町内でのショッピングをポイントに
加えるなどとしました。
また、APEV代表幹事田嶋伸博による講演、EVを身近に感じていただくための、
一般来場者向けEV体験試乗会も行い島民とのふれあいを通じ島のPRや島の
交通手段としてのEVも体験できる2日間となり大いに盛り上がりました。 

★「四国EVラリー2014 in かみじま」HP 
  >http://shikokuevrally.wix.com/shikokuevrally

写真付のレポートはこちら・・・(PDFファイル形式689Kbyte)

 --------------------------------------------- 
 電気自動車普及協議会(APEV)
 事務局 安嶋(やすじま)・唐鎌(からかま)
 TEL:050-3736-8325 
 E-mail: info@apev.jp 
 Visit our website: http://www.apev.jp/ 
 ---------------------------------------------

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。