「国際学生EVデザインコンテスト2017」優秀作に経済産業大臣賞、国土交通大臣賞が授与されます

報道機関各位

 一般社団法人電気自動車普及協会(APEV)では「国際学生EVデザインコンテスト2017」を開催しております。

このたび、グランプリ、協賛社様の冠賞に加え、経済産業省様、国土交通省様から、それぞれ大臣賞が授与されることが決定いたしましたのでお知らせします。

 今回のコンテストでは、自動運転や過疎地での交通政策課題など、国の研究会等で討議されている内容をコンテスト参加者にも学び、考えていただく機会を設けます。若い世代からの提案に大臣賞を授与することで、学生のみなさまの参加意欲を醸成し、提言レベルを向上させていただきたいと思います。 

これにあわせて経済産業省、国土交通省より審査委員が加わります。

 また、前回までと同様、ご後援団体には、環境省、経済産業省、国土交通省、東京大学が確定し、今回新たに「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」とのつながりから東京都からも後援を頂くことが決定しました。

単なるスタイリングを評価するコンテストではなく、広く社会の動向を見据えた提案を期待した、従来のデザインコンテストから一歩先の世界観を提案する事の出来るアイデアを期待しております。

★今回のコンテストの賞は以下の通りになります。
 ◎最優秀賞グランプリ(1チーム)副賞20万円
 ◎経済産業大臣賞(1チーム)   副賞10万円
 ◎国土交通大臣賞(1チーム)   副賞10万円
 ◎冠賞(数チーム)名称と副賞は協賛社により決定されます

★審査委員は下記の通りになります。(敬称略)
 ・審査委員長:中村 史郎 元日産自動車㈱ 専務執行役員チーフ・クリエイティブ・オフィサー
 ・審査委員:安藤 忠雄   建築家、東京大学名誉教授
        長屋 明浩   ヤマハ発動機㈱ 執行役員 デザイン本部 本部長
        奥山 清行   工業デザイナー、株式会社KEN OKUYAMA DISIGN 代表
        パトリック・ルケモン  工業デザイナー、元ルノー副社長
        ジャン・ファン        広州自動車グループ デザイン担当副社長
        三田 紀之  経済産業省 大臣官房審議官
        島 雅之   国土交通省 自動車局次長 
        田嶋 伸博   (一社) 電気自動車普及協会 代表理事 
                                                                    以上

なお、先日発表しました「参加申込校決定」のリストに変更がありましたので、
以下お知らせ致します。

★参加申込校変更
全体では34校96チーム、その内訳は日本から20校45チーム、海外15ヶ国から14校
51チームの参加となりました。

 *海外の国別参加数:台湾5校18チーム、イタリア2校13チーム、インド1校5チーム、
          中国4校4チーム。
          以下1校1チーム:アメリカ、イギリス、ウガンダ、オーストラリア、
          カタール、カナダ、スペイン、スリランカ、チュニジア、フィリピン、UAE

★詳細はこちらをご覧ください

★お問合せ:一般社団法人電気自動車普及協会(APEV)内
EVデザインコンテスト事務局長 安嶋 言一郎
〒113-0033東京都文京区本郷7-3-1 東京大学情報学環・福武ホール
TEL:050-3736-8325     FAX:050-3153-2686
E-mail:contest@apev.jp  Website :http://www.apev.jp/contest/ 

このブログ記事について

このページは、WebMasterが2017年6月 5日 17:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「国際学生EVデザインコンテスト2017」参加学校決定のお知らせ」です。

次のブログ記事は「「国際学生EVデザインコンテスト2017」1次審査結果発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。