「国際学生EVデザインコンテスト2017」ワークショップ2が行われました

関係各位

 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 既にお知らせしております通り、一般社団法人電気自動車普及協会(APEV)では「国際学生EVデザインコンテスト2017」を開催しております。先日第2次審査を通過した10チームの中から、4チームが一堂に会してワークショップ2を行いましたので、ご報告いたします。

◎参加学校:産業技術大学院大学、千葉工業大学、名古屋市立大学、
        首都大学東京、イタリア IAAD(インターネットテレビ電話経由)
◎日時:2017年9月24日(日)10時~18時
◎場所:東京都港区 The Gallery Too (株式会社Too 本社内)
◎講師:山下 敏男(APEV理事、当デザインコンテスト実行委員長)
     喜屋武(キャン)タケル(Nori, inc.取締役デザインディレクター)
◎内容:
 午前中はまず、最終審査(後述)を想定して参加学生チームから4分ずつ2次審査提出作品を説明する時間が設けられ、これに対し講師や協賛企業のサポーターの方々がコメントをしました。
山下実行委員長からは、「2次審査を通過したのは皆さんの作品が優秀だったからなので、自信を持ってほしい。11月4日に東京モーターショーのAPEVシンポジウムで最終審査と表彰式が行われる。そこでどのように自分の作品をアピールするのかを考えてもらいたい」という期待が述べられました。
 午後は講師やサポーターが各チームをまわり、個別の相談に応じました。
 イタリアのIAADとはテレビ電話システムにより2次審査提出作品を説明してもらった後、双方向の意見交換を行いました。
 最後に山下実行委員長が、「あと1か月で最終審査になるので、4分間でいかにわかりやすく説明するのかを練習してほしい。期待しています」との激励の言葉で締めくくりました。 

 当日の会場をご提供いただき、ワークショップとその後の懇親会をご支援くださった株式会社Tooに、心より御礼申し上げます。また、休日の中をご参加くださり、学生へのご指導と応援メッセージをくださった下記ご協賛企業のサポーターの皆様も、誠に有難うございました。 
 カーデザインアカデミー、(株)トゥールズインターナショナル、丸紅情報システムズ(株)、三菱ケミカル(株)、ルネサス エレクトロニクス(株)(50音順・敬称略)

★2017年11月4日(土)10時30分からコンテスト最終審査と表彰式を、午後にはパネルディスカッションを東京モーターショー シンポジウム2017の中で行います。追って参加募集をしますので、奮ってご参加ください。
 
★写真付き報告はこちら

★問い合わせ:一般社団法人 電気自動車普及協会 (APEV) 内
EVデザインコンテスト 事務局長 安嶋 言一郎
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール
TEL:050-3736-8325     FAX:050-3153-2686
E-mail :contest@apev.jp    Website : http://www.apev.jp/contest/

このブログ記事について

このページは、WebMasterが2017年10月 2日 11:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「国際学生EVデザインコンテスト2017」 2次審査結果発表 最終審査と表彰式は「東京モーターショー2017内」にて11月4日(土)開催」です。

次のブログ記事は「"東京モーターショー シンポジウム2017"にてAPEV主催「近未来の展望・EVが創る社会とデザインの役割」開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。