EV超小型モビリティデザインコンテスト2015

昨今、超小型モビリティに関する行政の動きが注目され、民間でも種々の試みがなされています。当協会といたしましても、活動を活性化して社会に対して訴求すると共に、モノ作りの楽しさとワクワク感を'次世代を担う'学生に体験していただきたいという趣旨から本コンテストを企画いたしました。

超小型モビリティとは?

about

「国際学生EV超小型モビリティデザインコンテスト2015」

企画概要と狙い

  • 1.国内外の18歳以上の学生による学校単位のチーム(2名以上・1校で複数チームも可)
  • 2.指定するSNSに登録し、主催者からの各種案内にタイムリーに回答できること
  • 3.指導する先生や教官がコンテスト参加を承認し、参加者を指導できること

内容

EV超小型モビリティのデザインを募集:
国土交通省の定める超小型モビリティ規格に適合したEVの車両デザイン

参加学校

このたび参加チームの応募が締め切られ、全体では44校98チーム、その内訳は日本から30校59チーム、海外6ヶ国から14校39チー ムの参加となりました。
→詳細はこちらの参加学校リストをご参照ください

1次審査結果

審査の結果、日本から13校17チーム、海外は4ヶ国から4校8チーム(国別では台湾1校4チーム、韓国1校2チーム、中国1校1チーム、イタリア1校1チーム)が通過しました。
→詳細はこちらの1次審査通過チームリストをご参照ください

2次審査結果

奥山清行審査委員長を始めとする、審査委員会が入賞6チームを選びましたので発表致します。
選ばれたチームは、日本から6校6チームとなり、残念ながら海外からの入賞はありませんでした。
→詳細はこちらの入賞チームリストをご参照ください

入賞チームについては、東京モーターショーの主催者テーマ事業 “SMART MOBILITY CITY 2015”
会場内でポスター展示を行うと同時に、11月4日アドバンス・テクノロジー・セミナー内で開催される表彰式で
作品をプレゼンテーションして頂き、グランプリ・特別賞・協賛社冠賞を決定し、賞状・トロフィー・賞品を授与する予定です。

表彰式

電気自動車普及協会では、
本年も東京モーターショー主催者テーマ事業“SMART MOBILITY CITY 2015”会期に合わせて、
第2回「国際学生EV超小型モビリティデザインコンテスト2015」を実施しました。
→詳細はこちらのプレスリリースをご参照ください

今回は、前回2013年開催時の約3倍にもあたる98もの国内外の学生チームよりご応募を頂き
最終選考に6チームが残った中、当日のプレゼンテーションも選考基準の一つに加わるとあって、
各チームとも最後まで力の抜けない戦いとなりました。

表彰式集合写真

参加学生のメリット

学生のコンセプトやデザイン提案力の養成

学生のキャリア形成と社会に対するアピール

学生のデジタルツールの活用スキル養成

昨年度の様子

photo1

photo2

photo3

photo4

photo5

photo6

photo7

photo8

photo9

photo10

photo11

photo12

schedule

コンテストの活動スケジュール

sche_image

guideline

審査について

審査基準

  • 01. CONCEPT

    明快であること(使われ方やコミュニティーとの関わりも含めた環境デザインを明確にイメージし表現してください)

  • 02. ORIGINALITY

    応募者自身のオリジナル作品で、国内外で未発表であること

  • 03. POSSIBILITY

    実現性将来実現できる可能性を秘めており、それを具体的に説明できること


課題

  • ① グローバルな視点から見たインフラを含めたEVの未来の姿についての「提言」:(1次は文章、2次は文章とビジュアル)
  • ② 実際の使用シーンを含めた「車両コンセプト」文章:(1次・2次共通)
  • ③ アイディアスケッチ:(1次は手書又はCAD、2次はCAD)

judge and prize

審査員・賞品

審査委員長

奥山 清行 様 工業デザイナー、株式会社KEN OKUYAMA DESIGN 代表

審査委員

安藤 忠雄 様 建築家、東京大学名誉教授

井原 慶子 様 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特別招聘准教授、FIA国際自動車連盟 アジア代表評議員、レーシングドライバー

河口 洋一郎 様 アーティスト、東京大学大学院情報学環 教授

中村 史郎 様 一般社団法人 日本自動車工業会 モーターショー特別委員会委員長、日産自動車株式会社 専務執行役員チーフ・クリエイティブ・オフィサー

田嶋 伸博 様 一般社団法人電気自動車普及協会 代表理事

賞品(予定)

  • ① 最優秀賞:10万円(1点)
  • ② 東京モーターショーで作品発表の機会が得られる
  • ③ 優秀作品となったチームに対して「EVに関する特別な体験」を提供
    例1)著名デザイナーとの交流機会
    例2)EVを使った旅行等のイベントに招待(ベネッセ賞)
    例3)その他スポンサー賞
  • ④ 優秀作品には3Dプリンタで製作した模型を進呈(丸紅情報システムズ賞)

project

プロジェクト概要

組織

主催
一般社団法人 電気自動車普及協会
後援
環境省、経済産業省、国土交通省、東京大学 大学院 情報学環、
一般社団法人 日本自動車工業会(*50音順)

APEV

東京大学

JAMA

協賛

◉1次ご協賛決定(50音順)

日産自動車株式会社、株式会社ベネッセホールディングス、丸紅情報システムズ株式会社

nissan motor company

株式会社ベネッセホールディングス

丸紅情報システムズ株式会社

◉2次ご協賛決定(継続募集中)

NTN株式会社、ダッソー・システムズ株式会社、トヨタ自動車株式会社、
株式会社フォーラムエンジニアリング、株式会社本田技術研究所、ルネサス エレクトロニクス株式会社

NTN株式会社

ダッソー・システムズ株式会社

トヨタ自動車株式会社

株式会社フォーラムエンジニアリング

株式会社本田技術研究所

ルネサス エレクトロニクス株式会社

◉協賛企業の募集について

お問い合わせは、contest@apev.jpまで
自動車メーカー、3次元CAD関係のメーカー、部品メーカー等
申込書はこちらからダウンロード下さい(協賛申込書:A4×1枚:xlsxファイル)

pro_btn

注意事項

■ 注意事項

  • 応募作品は、応募者自身のオリジナル作品であり、国内外で未発表のものに限ります。
  • 公序良俗その他法令の定めに反するもの、誹謗中傷を含むもの、著作権その他第三者の権利を侵害しているものは、審査の対象外となります。また、受賞発表後であっても、これらの条件に反していることが判明した場合、受賞を取り消します。
  • 他のコンペへの二重応募は認められません。また、応募後は主催者の同意なしに他に公表しないものとします。
  • 提出された資料は原則として返却いたしません。必要な場合は予めコピーを残した上でご応募ください。
  • 作品制作における費用はすべて応募者でご負担ください。
  • 受賞の有無にかかわらず、応募作品に関する意匠、発明(特許)、実用新案、商標、著作物その他全ての知的財産並びにその出願権及び知的財産権は、応募者及び主催者の共有とし、その実施、使用、及び、実施若しくは使用の許諾に当たっては主催者の許可を必要とします。
  • 応募にあたっては、必要に応じて応募者自身で権利保護等の措置を講じてください。また、第三者との間で権利侵害などの問題が生じた場合、主催者は一切の責任を負わないものとします。応募者が自己の責任と費用においてこれらの問題を解決してください。
  • 主催者は、受賞作を展示会やウェブサイト、または主催者が発行する各種の媒体で発表にすることができます。また、主催者はマスコミに対しプレスリリース等で受賞情報を提供します。
  • 応募者は、応募作品に関する詳細設計化、模型製作化又は商品化が実現した場合、詳細設計化、模型製作化又は商品化を協力する製造者などの商品化等協力者との間で、権利帰属、実施又は使用の許諾その他の権利関係について、協議を行う義務が生じます。主催者は、その協議の仲介を行うことがあります。
  • 詳細設計化又は模型製作化又は商品化が実現した場合、商品等に当コンペとの関係を表現していただく場合があります。
  • 受賞者の氏名、年齢、経歴などは、印刷物、ウェブサイト及びマスコミで公表させていただきます。
  • 作品や書き込みの内容は研究目的で利用される可能性があります。あらかじめご了解ください。

■ 個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて 応募の際に記入していただいた個人情報は、以下の目的で必要な範囲で利用されます。
また、運営事務局が厳重に管理し、漏洩、流用、改ざん等の防止に努めます

  • 1. 入選者への入選通知
  • 2. 本コンテストに関する事項の通知
  • 3. 応募作品に関する応募者への問い合わせ