【オンライン開催に変更】1月20日「APEV:国際学生"社会的EV"デザインコンテ スト2022」記者発表会

会員・報道機関各位

                 一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)
                    APEVデザインコンテスト実行委員会

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃から弊会の活動にご協力下さり、心より感謝申し上げます。

昨年12月24日にお知らせしました標記の記者発表会を諸般の事情により
「オンラインのみ」に変更します。内容及び開始と終了時刻は変わりません。
ご参加申込〆切は1月17日(月)18時です。
皆様のお申込みをお待ち申し上げます。

               「記」

日時:2022年1月20日(木)14時~15時40分

参加者:報道関係者、学校関係者、協賛社、APEV会員

Web会議アプリ:Microsoft Teamsを使用します

ビデオ録画:1月末までにYouTubeにて公開します

内容と時間割 [計100分] 同時通訳はなし

1)ご挨拶:鈴木 正徳 APEV会長
2)APEV及びデザインコンテスト2022の説明:
 事務局長 荒木 恵理子APEV理事、実行委員長 山下 敏男 APEV理事
 コンテストの内容・日程を説明し審査委員と協賛社を紹介します
3)講演「モビリティ×ITの観点から見た2040年の社会デザイン【創造】」
    審査委員長 藤原 洋 APEV理事
4)パネルディスカッション
 「モビリティ×ITの観点から見た2040年の社会デザインと人材育成」 
  登壇者:協賛社数社+藤原 洋(司会:山下 敏男)
5)お礼:田嶋 伸博 APEV代表理事
6)記念写真(参加者全員)
(登壇者と内容は予告なく変更になる場合がございます)

参加申込:2022年1月17日(月)18時迄に<event@apev.jp>宛てメールで下記情
報をお送り下さい。
1月19日(水)にTeamsから開催通知をお送り致します。
•所属団体名:
•所属部署名:
•役職:
•氏名と(ヨミ):
•Teamsを使用するメールアドレス:
•携帯電話番号:

※当記者発表会は会員及び報道機関限定です。非会員でご参加を希望される場合
は、event@apev.jpへお問い合わせ下さい。APEVが承認した場合、ご参加いただ
けます

今回コンテストのコンセプト
APEVは2013年から2019年まで計4回、東京モーターショーの開催時期に合わせ2
年毎に「国際学生EVデザインコンテスト」を実施して参りましたが、世界に蔓延
しているCOVID-19への対応として、2021年は中止し2022年に大幅にリニューアル
した第5回を開催致します。

今回のコンテストではテーマを「"社会デザインとEV"2040の提案」と題し期限を
明示したテーマを設定致しました。「2035年のガソリン新車販売禁止」の話題や
「2050年カーボンニュートラル」の話題など、時代は大きくEVに傾いています。
そこで我々は、EVの役割を単なる移動体の観点からではなく、人々の生活に必要
不可欠なモビリティとしての在り方、そして人々の豊かな暮らしとは何かを考え
るコンテストにすべきだと結論付けました。

その結果、今回のコンテストでは、社会そのもののデザインの構築、即ち"社会
デザイン"の理想的な姿を考える中から、EVのモビリティとしてのあるべき姿を、
参加者と協賛企業様・我々APEVが一体となりテーマのより良い解決策を導き出し
たいと考えています。

また今回は、これまで以上に人材の育成に焦点を置き「融合型人材(モビリティ・
アーキテクト)」なる次世代の人材の発掘にも重点をおいたコンテストにしたい
と考えています。今後EVは車がエンジンからモーターに変わっただけのものでは
ありません。"MaaS"や"CASE"と言ったキーワードに代表されるように「モノから
コト」にその期待値も変化していきます。現在の自動車産業に関しては、更なる
変革を求められるのは必至です。その新時代に対応できる人材育成は、これまで
の教育で十分なのでしょうか?我々は向かうべき新しい時代に向けた新しい人材
の登場が重要だと考えています。融合型人材(モビリティ・アーキテクト)はそ
のような時代を象徴する人材像と言えます。
(注)"社会的EV"及び"モビリティアーキテクト"の用語の定義は本コンテスト内
での使用に限ります。
よって、コンテストの評価軸を以下のように変更します。
[旧] 「スタイリング(優先:デザインの完成度)+コンセプト(デザインの説
明:ストーリー)」
[新] 「2040年の社会デザイン(優先:課題発掘)+コンセプト(解決策)
+デザイン(説明としてのビジュアル)」

環境問題や自然災害・移動の安全・エネルギーなど喫緊の課題及び、サービスを
中心とした新しい社会システムの構築に関して、学生諸君から発想から生み出さ
れる新しい「社会デザイン」を期待しています。
参加を期待する学生諸君の専門性は特に問いません。我々は文理融合を推進して
いきたいと考えています、2040年の社会と、そこに活躍するモビリティの未来を
研究したいと思う諸君であれば、誰もが参加資格を有します。我々はこれまで以
上に、専門性に拘らず多分野の学生諸君の参加を期待しています。

<以下参考>
★APEVのHP:https://www.apev.jp/
★デザインコンテストの特設ページ:(現在2019版ですが2022版に変更します)
・和文:https://www.apev.jp/contest/
・英文:https://www.apev.jp/contest/en/

お問い合わせ先
一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)内
APEVデザインコンテスト事務局 安嶋(やすじま)
〒113-0033 文京区本郷7-3-1東京大学 情報学環・福武ホール
 TEL:050-3375-4937 Mobile:080-4630-8325
 E-mail: event@apev.jp  Visit our website: https://www.apev.jp/

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、WebMasterが2022年1月13日 16:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1月20日開催「APEV:国際学生"社会的EV"デザインコンテスト2022」記者発表会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。