2022年アーカイブ

関係者各位

いつも大変お世話になっております。

地域eモビリティ推進委員会(第20回)を以下の通り開催いたしますので、ご案内いたします。

テーマは、「スマートモビリティの動向」についてです。
各自治体、業界、企業での活動紹介や、EVをはじめとする次世代自動車普及への課題解決に向けた率直な議論など、企業,自治体等の方々のより一層のご関心,ご参画を頂ければ幸いでございます。


【参加条件】 原則APEV会員(正会員、賛助会員、特別会員)、1回のみ非会員も可
       ※当委員会へのご参加は会員限定です。
        非会員でご参加を希望される場合は、事務局へお問い合わせください。
        弊会が承認した場合、初回に限りオブザーバーとしてご参加いただけます。


【第20回地域eモビリティ推進委員会実施のお知らせ】

■開催日時:2022年 9月 27日(火)13時半~ MAX 15時半

■参加方法:オンライン会議(Microsoft社 Teams)であり、会場でのご参加はございません。

■当日のプログラム
13:30~田嶋代表からのご挨拶

13:33~地域MaaSの推進について
     経済産業省 製造産業局自動車課 課長補佐 秋元 裕太様

14:10~自動運転の実現に向けた取り組み
     国土交通省 自動車局技術・環境政策課専門官 古保 貴行様

14:50~地域・自治体向け交通ソリューション、タクシー事業者向けサービスのご紹介
         株式会社電脳交通 代表取締役社長 近藤 洋祐 様

15:25~ご挨拶

【お申込み、お問合せ方法】
■お申し込み方法:ご参加希望の方は、9月22日(木)17時までに
 下記内容を担当者宛メールか、
 Fax<050-3153-2686>でお送りください。
 担当:孫(son@apev.jp)、小堀 (kohori@apev.jp)

■お申込みフォーマット ※以下の+枠内の内容にてお申込みください。
++++++++++++++++++++++++++
・会員区分 :正会員、賛助会員、特別会員、非会員
・貴社名・貴団体名 :
・ご出席代表者役職:
・ご出席代表者氏名 : 様
・同上(フリガナ): サマ
・同上e-mail :
  ※WEB会議依頼いたしますので、全員分のemailアドレスをお願いいたします。
・同上電話番号:
・ご参加者人数(合計): 名
・事前ご質問があればお教えください:
++++++++++++++++++++++++++
★賛助会員の場合、1名様のみご参加いただけます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
電気自動車普及協会(APEV)
事務局長 孫 昌範
E-mail:info@apev.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関係者各位

地域eモビリティ推進委員会 第19回 を以下の通り実施いたしました。  

日時:2022年7月6日(水) 13時半~15時半
場所:マイクロソフトTEAMS 会議

写真付きのレポートはこちらからご確認ください。
https://www.apev.jp/%E5%9C%B0%E5%9F%9Fe%E3%83%A2%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E6%8E%A8%E9%80%B2%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E7%AC%AC19%E5%9B%9E%E5%AE%9F%E6%96%BD%E5%A0%B1%E5%91%8A%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9.pdf

プログラム  ※ご発表資料は会員サイトからダウンロードできます(Terra
                Motors様を除く)

1.委員長からのご挨拶

2.世界のEV化の潮流と日本でのマンションEV充電インフラの課題と解決方法
        Terra Motors株式会社 取締役会長 徳重徹様

3.「WeCharge」電気自動車充電サービスについて
          ユビ電株式会社 CEO & Co-founder 代表取締役 山口 典男様

4.Status Quo and Outlook of e-Mobility charging in China, Overseas and 
  Japan Market(中国、海外、日本市場におけるe-Mobility充電の現状と展望)
  Shanghai Zhida Technology Development Co.,Ltd.
    /上海チ達科技発展有限会社

DING Zheng Yu: Senior Global Director OEM Business and Regional Head for EMEA;
Dr. WU Kuang: Senior Global Business Development OEM Business and Head for Japan

5.ご挨拶 

ご出席者 ※順不同
【企業・団体】
株式会社ヴァレオジャパン、株式会社エクセディ、岡山科学技術専門学校、キムラユニティー株式会社、
KEN OKUYAMA DESIGN、コアテック株式会社、コンチネンタルオートモーティブ株式会社、
上海チ達科技発展有限会社、愛三工業株式会社、新明工業株式会社、Terra Motors株式会社、
トヨタ自動車株式会社、ニチコン株式会社、日産自動車株式会社、日本バーズ株式会社、
日本パナトロニック株式会社、日野自動車株式会社、株式会社 水上パーツ商会、ヤマハ発動機株式会社、
ユビ電株式会社
神戸市役所、一般社団法人全日本駐車協会、早稲田大学
【主催】 一般社団法人 電気自動車普及協会

今回は、EV普及に向けて非常に注目を集めている充電インフラについて、果敢に取り組んでおられる
3社様にご講演をいただきました。

最初は、Terra Motors株式会社 取締役会長の徳重様より、ご講演をいただきました。
日本のEV導入は早かったが、欧米や中国の方が政府主導により先に市場が活性化し、普及についてこれからの状態。普及に必要な観点は、補助金が出ること、エンドユーザーが車種を選べること、充電インフラが充実していること。この中で、充電インフラに着目して日本のEV普及を図りたい。これまで負担の大きかった設置費用を安価にするため、安価で使い勝手の良いコンセントを使い、利用しやすくした。今後はマンションのみならず、商業施設やゴルフ場などへも展開し、年末には100億円資金調達するという熱い想いを語っていただきました。

次に、ユビ電株式会社CEO & Co-founder 代表取締役 山口様より、ご講演をいただきました。
「すべての車庫にコンセントをつける」というわかりやすいコンセプトのもと、安価な屋外使用可能なコンセントを使って、スマホアプリで認証課金を行う、準サブスクモデルのサービス「WeChrage」についてのご説明でした。マンションへの採用はうなぎのぼりで増えているとのことで、EV普及に向けた充電インフラの充実にご尽力されており、大変心強い思いがいたしました。

次いで、上海チ達科技発展有限会社 副社長DING Zheng Yu様のご講演に、 Dr. WU Kuang様にて通訳をいただきました。中国で高いシェアと実績のある活動内容のご紹介に加えて、欧米・中国市場についてのご説明をいただき、日本展開についてもぜひ積極的に取り組みたいご意向をお話いただきました。
日本でのパートナー企業も募集中とのことです。また中国市場に進出したい企業へのサポートも可能とのこと。

様々な企業様との連携を取り持ちながら、より早いEV/PHV/FCVの普及につないでいきたいと思います。
最後に副委員長の鈴木理事、委員長の田嶋代表理事よりご挨拶をさせていただきました。

ご発表いただきました皆様、ご参加いただきました皆様に、この場を借りてお礼を申し上げます。
皆さまと力をあわせて、気候危機に対する具体的な対策として、EV/PHV/FCVの普及活動を中心とした、ビジネスモデル自体が大きく変わる「100年に一度の大変革期」での、新しい活動の推進に努めて参りたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


※本会合のプログラム中で発表・紹介された資料は、
 電気自動車普及協会 会員限定サイト内にて公開いたします。
 会員以外の方でご参照されたい方は、下記の事務局お問合せ窓口までご連絡くだ
  さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
   「地域eモビリティ推進委員会」次回(第20回)会合のお知らせ
マイクロソフトTEAMS会議によるWEB開催を2022年9月で予定しております。
詳細は、当会HP並びに会員情報サイトにてお知らせしております。
ご参加希望の方は、下記の事務局までお問い合わせくださいませ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


※一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。
 お気軽に事務局までお問い合わせください。
●トップページ  https://www.apev.jp/
●入会ご案内ページ https://www.apev.jp/entry/

●正会員(企業向け):年会費 1口10万円
 賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円
 特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料

【本件に関するお問い合わせ先】・・・・・・・・・・
一般社団法人 電気自動車普及協会 (APEV)
 事務局  安嶋(ヤスジマ)、小堀(コホリ)

〒113-0033 文京区本郷7-3-1
東京大学 情報学環・福武ホール
TEL:050-3375-4937 FAX:050-3153-2686
E-mail: info@apev.jp
Visit our website: https://www.apev.jp/

関係者各位

 

いつも大変お世話になっております。

地域eモビリティ推進委員会第19回を以下の通り確定いたしますので、ご案内いたします。

 

テーマは、昨今注目を浴びている充電インフラについてです。

 

各自治体、業界、企業での活動紹介や、EVをはじめとする次世代自動車普及への課題解決に向けた率直な議論など、企業,自治体等の方々のより一層のご関心,ご参画を頂ければ幸いでございます。

 

【参加条件】 原則APEV会員(正会員、賛助会員、特別会員)、1回のみ非会員も可

【第19回実施のお知らせ】

■開催日時:202276日(水)13時半~ MAX 15時半

■開催場所:マイクロソフトTeamsにてWEB会議

■プログラム:

13:30~田嶋代表からのご挨拶

13:33~世界のEV化の潮流と日本でのマンションEV充電インフラの課題と解決方法

    Terra Motors株式会社 取締役会長 徳重徹様

14:10~「WeCharge」電気自動車充電サービスについて

    ユビ電株式会社 CEO & Co-founder 代表取締役 山口 典男様

14:50Status Quo and Outlook of e-Mobility charging in China, Overseas and

     Japan Market

    DING Zheng Yu: Senior Global Director OEM Business and Regional Head

    for EMEA

       Dr. WU Kuang: Senior Global Business Development OEM Business and

    Head for Japan

       (通訳あり)

15:25~ご挨拶

【お申込み、お問合せ方法】

 

■お申し込み方法:ご参加希望の方は、7月1日(金)17時までに

 下記内容を担当者宛メールか、

 Fax050-3153-2686>でお送りください。

 担当:荒木(araki@apev.jp)、小堀 (kohori@apev.jp)

 

+++++++++++++++++++

・会員区分 :正会員、賛助会員、特別会員、非会員

・会社・団体名 :

・ご出席代表者役職:

・ご出席代表者氏名 : 様

・同上(フリガナ): サマ

・同上Email 

  ※WEB会議依頼いたしますので、全員分のメルアドをお願いいたします。

・同上電話番号:

・参加者人数(合計): 人

・ご質問があればお教えください:

+++++++++++++++++++

※尚、賛助会員:1名様まで

※この委員会へのご参加は会員限定です。

非会員でご参加を希望される場合は、事務局へお問い合わせください。

APEVが承認した場合、初回に限りオブザーバーとしてご参加いただけます。

・・・・・・・・・・・・・・

電気自動車普及協会(APEV)

事務局長 荒木恵理子

E-mailinfo@apev.jp

会員・報道機関各位

 

地域eモビリティ推進委員会 第18回 を以下の通り実施いたしました。 

 

Ø 日時:2022年2月3日(木) 14時~15時40分

Ø 場所マイクロソフトTEAMS 会議

 

写真付きのリリースは以下よりご確認ください。

https://www.apev.jp/%E5%9C%B0%E5%9F%9Fe%E3%83%A2%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E6%8E%A8%E9%80%B2%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E7%AC%AC18%E5%9B%9E%E5%AE%9F%E6%96%BD%E5%A0%B1%E5%91%8A%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9.pdf

 

 Ø プログラム  ご発表資料は会員サイトからダウンロードできます

  1.「ゼロエミッション東京」の実現に向けて 

       ~令和4年度EV普及事業概要~

     東京都環境局 地球環境エネルギー部ZEV推進担当課長 栗原 毅様

  2EVの普及動向と、再エネとの組み合わせ方

     産業技術総合研究所安全科学部門主任研究員 櫻井啓一郎様

  3.副委員長鈴木高宏(電気自動車普及協会理事)よりご挨拶 

 

  • ご出席者 順不同

企業・団体

伊藤忠エネクス株式会社、岡山科学技術専門学校愛三工業株式会社

サンタックス株式会社新明工業株式会社、株式会社タックス本部、

THK株式会社、Terra Motors 株式会社、ニチコン株式会社、

日産自動車株式会社日本バーズ株式会社、日野自動車株式会社

株式会社日の丸リムジン、本田技研工業株式会社、

マサル工業株式会社、丸紅株式会社、株式会社 水上パーツ商会、

三菱オートリース株式会社、ヤマハ発動機株式会社、

リコージャパン株式会社鹿児島県、群馬大学、

一般社団法人 太陽光発電協会東京都環境局、東京都都市整備局、

公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構、

国立研究開発法人 産業技術総合研究所

主催 一般社団法人 電気自動車普及協会

 

今回は毎年ご発表いただいている東京都様の「ゼロエミッション東京」にむけ

た次年度の方針と施策、EVユーザーであり、長年太陽光発電や地域の脱炭素

化の研究をされている櫻井様よりご講演をただきました。

最初は、東京都環境局 地球環境エネルギー部ZEV推進担当課長 栗原 毅様より、『ゼロエミッション東京」の実現に向けて~令和4年度EV普及事業概要~』のご講演をいただきました。

現在、都議会で審議中ですが、ゼロエミッションビークル(ZEV)に関する予算は、令和3年度が約114億円に対し、令和4年度は約438億円と大幅に積み増しいただき、東京都様の本気度がとても伝わるご発表をいただきました。都民の6割が集合住宅ですが、集合住宅への充電設備に対する金額的支援のみならず、管理組合の合意や充電利用の費用設定などの支援を行うマンションアドバイザーの無料派遣など細かいサポートも行っていただいております。ぜひご利用いただき、EVの普及につないでいただければと思います。

次に産業技術総合研究所安全科学部門主任研究員 櫻井啓一郎様より、 EVの普及動向と、再エネとの組み合わせ方についてご講演をいただきました。これまでよく言われていたEV普及を阻害する要因について、海外での成功例や具体的なデータをもとに普及にむけた具体的な観点をご説明いただき、EV普及にむけて勇気の出るご講演内容でした。その一方、国内でも大きな変革期であり、変化にむけた動きを加速させていく必要性を強く感じました。

最後に副委員長の鈴木よりご挨拶をさせていただきました。

 

ご発表いただきました皆様、ご参加いただきました皆様に、この場を借りてお礼を申し上げます。

皆さまと力をあわせて、気候危機に対する具体的な対策として、

EV/PHV/FCVの普及活動を中心とした、ビジネスモデル自体が大きく変わる

100年に一度の大変革期」での、新しい活動の推進に努めて参りたいと思い

ます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

本会合のプログラム中で発表・紹介された資料は、

 電気自動車普及協会 会員限定サイト内にて公開いたします。

 会員以外の方でご参照されたい方は、下記の事務局お問合せ窓口までご連絡ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   「地域eモビリティ推進委員会」次回(第19回)会合のお知らせ

 マイクロソフトTEAMS会議によるWEB開催を2022年6月~7月で予定しております。

 詳細は、当会HP並びに会員情報サイトにてお知らせしております。

 ご参加希望の方は、下記の事務局までお問い合わせくださいませ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。

 お気軽に事務局までお問い合わせください。

●トップページ  http://www.apev.jp/

●入会ご案内ページ http://www.apev.jp/entry/

●正会員(企業向け):年会費 110万円

 賛助会員(個人向け):年会費 11万円

 特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料

 

【本件に関するお問い合わせ先】

一般社団法人 電気自動車普及協会 (APEV)

 事務局  安嶋(ヤスジマ)、小堀(コホリ)

113-0033 文京区本郷7-3-1

東京大学 情報学環・福武ホール

TEL050-3375-4937 FAX050-3153-2686

E-mail: info@apev.jp

Visit our website: http://www.apev.jp/

関係者各位

 

いつも大変お世話になっております。

 

地域eモビリティ推進委員会第18回を以下の通り確定いたしますので、ご案内いたします。

 

テーマは、次年度にむけての動きとして、例年ご発表いただいている東京都様の方針、また注目を集めている「EVの普及動向と再エネの組み合わせ方について」です(別途1件調整中)。

各自治体、業界、企業での活動紹介や、EVをはじめとする次世代自動車普及への課題解決に向けた率直な議論など、企業,自治体等の方々のより一層のご関心,ご参画を頂ければ幸いでございます。

 

 

【参加条件】 原則APEV会員(正会員、賛助会員、特別会員)、1回のみ非会員も可

 

【第18回実施のお知らせ】

 

■開催日時:202223日(木)14時~ MAX 16

 

■開催場所:マイクロソフトTeamsにてWEB会議

 

■プログラム:

14:00~田嶋代表からのご挨拶

14:03「ゼロエミッション東京」の実現に向けて ~令和4年度EV普及事業概要~

    東京都環境局 地球環境エネルギー部ZEV推進担当課長  栗原 毅様

14:25EVの普及動向と、再エネとの組み合わせ方

    産業技術総合研究所安全科学部門主任研究員 櫻井啓一郎様

    櫻井啓一郎様プロフィール:1971年生まれ。博士(工学:京大)。独ハーンマイト

    ナー研究所客員研究員、米国国立再生可能エネルギー研究所客員研究員等を経て、

    現在産業技術総合研究所安全科学部門主任研究員。

    太陽電池の研究に20年ほど従事した後、現在は地域の脱炭素化の研究に従事。

 

1件調整中

 

1555~ご挨拶

 

【お申込み、お問合せ方法】

■お申し込み方法:ご参加希望の方は、2月1日(水)17時までに

 下記内容を担当者宛メールか、

 Fax050-3153-2686>でお送りください。

 担当:荒木(araki@apev.jp)、小堀 (kohori@apev.jp)

+++++++++++++++++++

・会員区分 :正会員、賛助会員、特別会員、非会員

・会社・団体名 :

・ご出席代表者役職:

・ご出席代表者氏名 : 様

・同上(フリガナ): サマ

・同上Email 

・同上電話番号:

・参加者人数(合計): 人

・ご質問があればお教えください:

+++++++++++++++++++

※尚、賛助会員:1名様まで

 

※この委員会へのご参加は会員限定です。

非会員でご参加を希望される場合は、事務局へお問い合わせください。

APEVが承認した場合、初回に限りオブザーバーとしてご参加いただけます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電気自動車普及協会(APEV)

事務局長 荒木恵理子

E-mailinfo@apev.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このアーカイブについて

このページには、2022年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。