2019年5月アーカイブ

■LA市長、2050年までに「完全EV化」ガソリン車追放を宣言【US】

■リフトとウェイモ、自動運転タクシー提供へ 米アリゾナ州【US】

■GM系の自動運転開発会社、1270億円を調達【US】

■テスラ、市販EVの最長航続距離の記録をまた塗り替える【US】

■中国BYD、EV販売好調 1~3月2.5倍に【CN】

■タタ名誉会長、配車オラのEV新会社に出資【IN】

■日東工業、EV・PHEV用充電機器を発売【JP】

■トヨタ、自動運転・ロボ向けファンド 米で1億ドル規模【JP】

●相鉄バスと群馬大学が大型バスの自動運転に関する共同研究契約を締結【JP】

●LIDARレスで高精度に位置推定、NTTが自動運転の常識覆す【JP】

◆フォルクスワーゲンが調査。電気自動車はCO2排出量が圧倒的に少なくなる可能性がある!

◆電気自動車が長年の「三重苦」を克服! それでも欧米ではシティコミューターの域を脱しないワケ

◆実用化に至らない自動運転 レベル3の難しさはどこにある?【JP】
■自動運転装備に安全基準 レベル3、4対応義務付け【JP】

●電気自動車の実証試験事業を実施へ【LA】

●「中国版ウェイモ」と呼ばれる自動運転企業、Pony.aiの技術力【CN】

◆インドでの電気自動車の普及は、バッテリー交換式の「オートリキシャ」が牽引する

◆トヨタが中国で「新興EVメーカー」と組んだ事情

◆"電動小車"が流行る? EV狂想曲の上海モーターショーで垣間見えたこと
■米テスラ、EV向け金属の世界的な供給不足を予測【US】

■フォードがEVスタートアップのリビアンに5億ドルを投資【US】

■欧州全体でEV電池生産へ アジアに対抗、7500億円投資【EU】

■マヒンドラ、ハッチバックEVの生産中止【IN】

◆消費者のエコ志向でEVシフトが加速、ガソリン車超えも視野に

◆自動運転で事故ゼロも つながる車が社会を一変

◆東南アジアで電気自動車を売る日本企業FOMMってどんな会社?

◆電気自動車の"あのストレス"を解決!日産「リーフe+」は東京~箱根の往復も余裕です
■「Googleマップ」、検索したEV充電スタンドの空き状況が確認可能に【US】

■電気自動車smartの米国とカナダでの販売が中止へ【DE】

■ルノーの小型商用EVプロトタイプ、航続150km...ラストマイルの課題に対応【FR】

■「環境に優しい交通」普及へ フィリピン・マニラ電力 EVメーカーと提携検討【CN】

■「テスラ進出」に身構える中国メーカーの思惑【CN】

■中国で電気自動車が炎上爆発、24時間内にまた炎上―「安全なの?」の声にメディア「従来車はもっと燃えています」【CN】

■中国BYD、EV販売好調 1~3月2.5倍に【CN】

◆自動運転車が渋滞税の導入を加速する

◆自動運転車の公道試験は半数が「好ましくない」、MaaSの認知度は27% 損保ジャパン日本興亜調べ

◆テスラが開発した独自チップは、本当に1年後に「完全自動運転」を可能にするのか

◆航続可能距離が伸びても日本で電気自動車が普及しない意外な理由とは?

このアーカイブについて

このページには、2019年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。