ワークショップ1報告【モビリティで2030を創る】国際ワークショップ

         一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)内
           「モビリティで2030を創る」実行委員会

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
日頃から弊会の活動にご協力下さり、心より感謝申し上げます。

一般社団法人 電気自動車普及協会(APEV)は2013年から2022年まで計5回「国際
学生EVデザインコンテスト」を実施して参りました。
2024年は、参加者がZ世代であることや、地球沸騰化、コロナ禍、高齢化社会、
DX、GXといった様々な社会的課題がテーマになると考え「【モビリティで2030を
創る】 国際ワークショップ」とし、プログラム内容を大幅にリニューアルした
第6回を開催しております。

この度、選考を通過した12チームによるワークショップ1(WS1)を下記の通り
実施しましたので、報告します。

          「記」

■日時:2024年6月29日(土)10時30分~17時30分
■会場:〒113-0033東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール 
  海外及び遠隔地からのオンライン(Zoom)参加あり

■内容概要

・APEV及び国際ワークショップ紹介
・主催者自己紹介
・参加チームから発表:選考を通過したチームが5分間で各チームの提案を発表
・マッチング&チーミング:主催者からチーム編成を提案
・安藤俊也選考委員のメッセージ 
・ワークショップ前半:マンダラートチャートを使って「モビリティでできるこ
 と」を広げて考える
・ワークショップ後半:チームメンバーのコンセプト提案を基にチームテーマを
 設定(ペルソナシート活用)
 ワークショップでは、主催者のサポーターが各チームに付いてアドバイスを行
 った
・ワークショップ結果発表:上記ワークショップで話し合った事や今後の活動に
 ついて各チームから発表
・松本博子選考委員のメッセージ
・情報提供:日本発のベンチャ―企業である Lean Mobility㈱ 
 <https://leanmobility.net/jp>の
 ファウンダー・代表取締役 谷中壯弘氏の講演
・まとめ:全体の振り返りと今後の予定をお知らせ

■写真付きの報告書はこちら
https://apev.jp/news/20240629WS_WS1Report.pdf

■当日の進行スライドはこちら https://www.apev.jp/news/WS1_Main_SLIDE_20240701.pdf


 登壇者や参加チームと学校の情報が見られます。

■Zoom等の動画は追って公開します

■「【モビリティで2030を創る】 国際ワークショップ」の特設HP  
  https://www.apev.jp/workshop.pdf

■協賛企業、サポートして頂ける方を募集中です。関心のある方は下記問い合わ
せ先にご連絡ください。
問い合わせ先:「モビリティで2030を創る」実行委員会 事務局
一般社団法人 電気自動車普及協会 (APEV) 内
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール
  TEL:050-3375-4937      E-mail :workshop@apev.jp
  Website : https://www.apev.jp/workshop.pdf

※一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。
 お気軽に事務局までお問い合わせください。
 ●トップページ https://www.apev.jp/
 ●入会ご案内ページ https://www.apev.jp/entry/
 ●E-mail: info@apev.jp  TEL:050-3375-4937
  □正会員(企業向け):年会費 1口10万円
  □賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円
  □特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、WebMasterが2024年7月 9日 09:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「有限会社プロトタイプにご参加いただくことになりました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。