パイクスピークヒルクライム レースレポート 6月23日 予選

関係各位

6月2日に当「最新情報」でご報告しました、TEAM APEV with MONSTER SPORTのパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレースの予選が始まり、現地のTEAM APEVから報告が届きました。皆様の応援をよろしくお願い致します。
+++++++++++++++++++++++
*TEAM APEV with MONSTER SPORT **2016 パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム レースレポート 6月23日 プラクティス2/クオリファイ ボトムセクション*

6月23日(木) コロラドスプリングス・アメリカ ー
 この日はプラクティス2/クオリファイが行われた。コースは前日のサンクションド・プラクティスでも走行したボトムセクション。チームではこれまでに様々なセッティングを試しデータを蓄積してきたが、初日と同じコースを再び走る事で、進むべき方向を明確にすることができる。

 今日のプラクティスはクオリファイ(予選)も兼ねるが、既にトップ3の一角を占めているため出走順の僅かな前後は重要ではない。チームでは、決勝にむけての作業に集中した。
 午前5時30分にプラクティス2/クオリファイがスタート。朝の気温はやや低いが天候は快晴。ドライバーのモンスター田嶋はマシンや路面の状況を感じ取りながら"Tajima Rimac E-Runner Concept_One"を走らせた。
 主なメニューは、よりしなやかに路面を捉えられるようサスペンションセッティングの更なる煮詰めになるため、セッティングを大きく振るなど現地コースでしかできない事を試した。また、バッテリーマネージメントを考慮し全力走行を行っていないためタイムは振るわないが、マシンパフォーマンスは着実に進化を遂げている。

 明日のプラクティス3は、ミドルセクションで行われる。コース中ほどの、標高を一気に上げて行く区間であり、電気自動車にとってはバッテリーへの負荷が大きくなるため良いテストになる。

*ドライバー モンスター田嶋 コメント*
「今日はバッテリーのマネージメントのため一度しか走行ができなかったのが悔やまれますが、私には過去29年のパイクスピーク参戦経験があります。決勝レースには最高のパフォーマンスをお見せできるよう、セットアップをしていきますので、応援よろしくお願いいたします。」

*プラクティス2/クオリファイ リザルト*は写真を参照方。




◆チーム公式WEBサイト:http://www.apev.jp/teamapev/
◆フォト/ビデオギャラリー:http://www.apev.jp/teamapev/2016/photo.html

2016.6.23
パイクスピークEVチャレンジ実行委員会

このブログ記事について

このページは、WebMasterが2016年6月24日 19:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「 6月3日「講演会」「技術・ビジネス合同委員会」開催報告」です。

次のブログ記事は「パイクスピークヒルクライム レースレポート 6月26日 ファイナル(決勝)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。