【ご報告】2016年サミット関係閣僚会合 「G7長野県・軽井沢交通大臣会合内展示会」に 会員企業とともに出展しました

会員、報道機関 各位
 平素は格別なるご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、2016年の伊勢志摩サミットをはじめとしたG7(先進7か国+EU代表)によるサミット関係閣僚会合の最後を飾る、「G7長野県・軽井沢交通大臣会合」が、さる9月23日(金)~25日(日)の3日間、長野県軽井沢町にて開催されました。

 こちらにご出席された各国代表や、会合の様子等を取材される報道機関の皆様にむけて開催された展示会に、弊会も会員企業の3社とともに出展参加しましたので、ご報告させていただきます。

           - 記 -

【日 程】2016年9月23日(金)、24日(土)、25日(日) 3日間
【会 場】長野県軽井沢町 
【参加国】日本(2016年議長国)、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、アメリカ、EU代表団
 (国土交通省)
【展示会概要】 G7長野県・交通大臣会合に合わせて、以下のテーマに関わる関連団体による展示を実施
   ・我が国の交通インフラ等の理解促進
   ・日本的価値等を通じ、我が国への観光客への誘致促進
   ・東日本大震災からの復興についての理解促進

【APEV会員からの参加】(あいうえお順)
・株式会社 ニコ・ドライブ  http://nikodrive.jp/
...5分で簡単に取り付け可能で、車いすの方も自動車の運転が可能になる、手動アクセル、ブレーキアタッチメントの紹介

・株式会社光岡自動車  http://mitsuoka-ev.com/
...100%電気で走る2人乗り・4人乗りのEV「Like T-3」の紹介
走行中のCO2排出ゼロ、家庭用100Vコンセントで充電可。車検・車庫証明不要

・株式会社 村田製作所 http://www.murata.com/ja-jp
...信号や道路標識にBOXを設置し、各種センサーを内蔵、レーン毎の様々な情報が入手できる技術の紹介

本会合内では、世界で開発競争が激しさを増している自動運転技術の国際基準作りに向けた共同宣言を採択する等の話題を集めた「G7交通大臣会合」でしたが、各国大臣級の方々には関連企業・団体による展示会にもお立ち寄り頂くことができました。会員各社の皆様と、今後のEV普及やそれを取り巻くインフラ作りについて、積極的にご意見交換をされる様子が随所でみられ、日本独自のユニークな取り組み等にも大いに関心を寄せて頂きました。

なお、当日の模様(写真入り)は下記のリンクよりご覧ください。


このブログ記事について

このページは、WebMasterが2016年9月27日 13:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「国際学生EVデザインコンテスト2017」を開催します」です。

次のブログ記事は「【ご報告】スウェーデンのEV 関連視察団との意見交換会を実施」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。